HOME » 子ども「食育」健康情報 » レッスン2:危険がいっぱい! 子どもの食生活と環境問題の密接な関係を学ぼう!


レッスン2:危険がいっぱい! 子どもの食生活と環境問題の密接な関係を学ぼう!

レッスン2:コンテンツ一覧

  1. 大人と子どもは一緒じゃダメ!食品の安全基準
  2. 見過ごせない環境汚染問題
  3. 教えて!子どもを環境毒物の危険から守る方法
  4. まだまだあります!子どもの健康な食生活を守る方法

大人と子どもは一緒じゃダメ!食品の安全基準

ここ数十年の間、日本では食に関する安全問題が社会で数多く取りただされましたね。
例えば…
1980年代 残留農薬・食品添加物の人体への悪影響
1990年代 O-157による食中毒・ダイオキシン汚染・遺伝子組み換え食品の不安
2000年代 狂牛病の発生・食品偽装表示・無許可添加物使用・無登録農薬使用など…

ごくごく身近な食品に潜んでいた危険に誰もが驚き、関心は一気に高まりました。その結果、私たちは自分の口に入るものの『安全性』を、以前よりも重視するようになりました。今や『安全性』は食品を選ぶときの重大ポイントで、お母さんたちの目もずいぶん肥えてきたと思われます。

しかし、食の安全性について語るとき、そのほとんどは大人の水準で考えられていることにお気づきでしょうか?!大人が口にして初めてその有害性が認められる場合が多くのパターンなのです。この時点で、私たちはいくつかの重大なことを見落としています。

  • 子どもが食事に含まれている毒物を解毒し排泄する力は、成人の力よりも低く、毒性のある化学物質に対する防衛能力が低い
  • 子どもたちは食事の種類が比較的単純で、その中に毒性の高い食品が含まれていると、摂取量も増える危険性がある
  • 身体が小さいため、大人よりも単位体重あたり高い水準の毒物にさらされる危険がある

見過ごせない環境汚染問題

アメリカではこうした子どもの食に注目した研究が数多く進められています。そのなかで、いかに子どもの食生活が環境問題の影響によって危険にさらされているのかが明らかになってきました。具体例をあげてみていきましょう。

例1:食品に殺虫剤?!

食品に殺虫剤?!食品には殺虫剤が含まれている場合があることをあなたはご存知でしたか?いわゆる残留農薬の一種ですね。これは農作物を生産する過程である程度は使用されるものなので、法定制限以内であることが決められています。しかし、その基準は大人を基準に決められているので、子どもたちにとっても安全であるといえる水準ではなかったという報告があります。
つい最近日本でも、殺虫剤にまつわるニュースが報道されていました。中国から輸入されたお茶に法定制限以上の殺虫剤が含まれていることが発覚したり、イチゴに基準値の数倍の殺虫剤が残留していたり…。本当にごく身近な事件なだけに驚かされます。※全米科学アカデミーが1993年に発表した「子どもの食事と殺虫剤」より

例2:水俣病の原因にもなった水銀が子どもの健康を害する可能性

水銀は自然環境の中にも存在しますが、産業汚染によっても大気に放出されます。それは、水に溶け込みより毒性の高い形へ変化します。特に魚や貝がこの水銀を蓄積するのです。日本では、水俣病という深刻な水銀中毒の被害があったので、多くの人が危機感を持っていると思いますが、子どもはより水銀の深刻な影響を受けやすいと言われています。※2001年にアメリカ食品医薬品局は「子どもと授乳期の母親は水銀含有量が多い危険のある魚の摂取を避けるほうが懸命である」と報告している。

例3:硝酸塩って何だろう?

硝酸塩は唾液・胃液との結合、常温保存・過熱などによって亜硝酸塩に変化し、体内でニトロソアミンという化学物質に変化します。ニトロソアミンは発がん性物質です。さらに、約8ヶ月未満の乳児にとって、硝酸塩はへモグロビンに影響を与える可能性があり、大人以上に危険です。とっても恐ろしい話ですが、この硝酸塩を私たちは知らずに口にしている可能性はとっても高いのです!

では、いったいどんなところに硝酸塩は潜んでいるのでしょう?

  • ●調理された肉に防腐剤として使われている硝酸塩!子どもの大好物で、お弁当にもついつい多用するベーコン・ソーセージ・ハムなどに使われているので、たくさん食べ過ぎると危険です!
  • ●硝酸塩は飲料水に含まれている場合あり!特に、近くで農薬を使用している地域では、井戸水に多く含まれている可能性があるので注意が必要です。
  • ●化学肥料の過使用によって硝酸塩は野菜に残留する!科学肥料の使いすぎ、大気中の窒素酸化物などから、高濃度の硝酸塩を含む野菜(特に葉物)が多くなっています。
★対処方法★
  • 積極的に子どもにビタミンCを多く含むものを食べさせたり飲ませたりしましょう。アメリカでは、硝酸塩を精肉食品に使う場合、抗がん作用のあるビタミンCも添加することが一般的です。
  • 水道水が心配であれば、ミネラルウォーターを与えるのがいいでしょう。

教えて!子どもを環境毒物の危険から守る方法

真っ先に優先する方法、それは…無農薬野菜などの有機食品を買うこと!です。

有機食品とは???

参照サイト:http://www.maff.go.jp/soshiki/syokuhin/heya/jasindex.htm

日本では、厳しい生産基準をクリアして生産された、有機(オーガニック)食品のことを有機食品といい、その証である「有機JASマーク」がついています。
有機食品のJAS規格は、以下のような生産の方法を定めています。

有機農産物

種まき又は植え付け前2年以上、禁止された農薬や化学肥料を使用していない田畑で栽培する。

栽培期間中も禁止された農薬、化学肥料は使用しない。

遺伝子組換え技術を使用しない。

有機畜産物

飼料は主に有機の飼料を与える。

野外への放牧など、ストレスを与えずに飼育する。

抗生物質等を病気の予防目的で使用しない。

遺伝子組換え技術を使用しない。

有機加工食品

化学的に合成された食品添加物や薬剤の使用は極力避ける。

原材料は、水と食塩を除いて、95%以上が有機食品である。

遺伝子組換え技術を使用しない。

JASマークこの「有機JASマーク」がない農産物や農産物加工食品に、「有機」、「オーガニック」などの名称の表示や、これと紛らわしい表示を付すことは法律で禁止されています。

と~っても厳しい基準があるんですね。だからこそ信頼もできる食品といえます。


まだまだあります!子どもの健康な食生活を守る方法

有機食品といっても、簡単に手に入らない、高くて購入しにくいといった意見もあります。そう思っている方は少なくとも以下の手段を検討してみましょう。

1) 残留農薬を減らすために皮をはごう!

果物・野菜は皮に残留農薬がある可能性があります。子どもに出す場合は特に皮をはぎましょう。また、葉物は外側の葉を取り除くといいでしょう。

2) 季節の旬の農産物は買いです

なぜなら、季節ものではない農産物は比較的長距離輸送されて届いている場合が多いからです。やはり、輸入物などは収穫後に殺虫剤処理をされていることが多いようです。

3) 地元でとれた食物を選ぼう!

地元の食物はやっぱり新鮮。添加物・殺虫剤は比較的少ない傾向にあります。

4) いろんな種類の食べ物を食べよう!

子どもは好き嫌いが多く、一種類のものばかりを好んで食べることがあります。しかし、口にする食品の種類を固定しないで順繰りに変えてあげることで、特定の化学物質を含んだ食品をたくさん摂取する危険から回避できるのです。偏食の激しい子ならばやはり有機食品を選ぶのがよいでしょう。

5) 飲料水の汚染も忘れないで!

あなたの地元の水質は安全ですか?水道水は汚染されていませんか?子どもがいる家庭では特に注意が必要です。台所に浄水器を置くなどの努力を惜しまずに!

6) 大人だけでなく子どもにもサプリメントを利用してみよう

子ども「食育」健康情報ビタミンやミネラルに含まれる抗酸化物質は、環境有害物質から形成される余分な活性酸素を中和してくれます。食品からでは不足しがちな栄養素を補うのに利用するのはいい方法です。今までは私たち大人が、アンチエイジング・老化防止目的で利用していたのが中心だったので子どもにサプリメントと言われてもピンとこないかもしれません。ですが、子どもの病気予防・発達促進といった側面からも最近注目度が高まってきています。

訳注)ウッド博士はサプリメントを推奨していますが、2006年時点の日本において、訳者はサプリメントはあくまで補助的なものであり、自然食品から栄養を摂取することが最優先と考えています。

本日のおさらい

  • その1:子どもは大人以上に食べ物に含まれる有害物質の影響を受けている!
  • その2:有機食品は子どもを有害物質から守る一番の近道!
  • その3:食材選びのキーワードは、新鮮!旬!種類は豊富に!
  • その4:子どもにサプリメントを試してみるものも1つの方法!

コンテンツ一覧

子ども「食育」健康情報