HOME » 子ども「食育」健康情報 » レッスン19:離乳食で食育実践!(6)~離乳後期 後編~


レッスン19:離乳食で食育実践!(6)~離乳後期 後編~

レッスン19:コンテンツ一覧

  1. 控えめにした方が良い食品
  2. 水分補給の練習を行おう
  3. 赤ちゃんを預けた施設の食事をチェック

控えめにした方が良い食品

1歳になるまでのこの時期、赤ちゃんにとって不要な食品や控えめにすべき食材があります。以下にリストを挙げましたので、参考にしてみて下さい。

硝酸塩を含んだ加工食品・着色料や防腐剤を含んだ食品

詳しくは「レッスン2」を参照。

生の蜂蜜

ごくまれにボツリヌス菌が存在する場合があり、乳児ボツリヌス症となる危険があるので一歳になるまで控えたほうが良いでしょう。

ケチャップなど塩分・糖分過多な調味料

一般的なケチャップには砂糖が20%ほど含まれています。

飴・チョコレート・クッキー・ケーキなど

糖分を多く摂りすぎるので乳児の食事には必要とされません。

卵

卵アレルギーの可能性があるので、1歳になるまではできるだけ控えましょう。

※ウッド博士は卵の除去を薦めていますが、この点に関する意見は様々であり訳者は安易な除去はお薦めしていません。


水分補給の練習を行おう

コップを使おう1歳になるまでは調製粉乳や母乳を継続して与えますが、離乳後期になったらコップの使用を時々試みてください。赤ちゃんがコップから飲み物を飲む練習になります。成長とともに、両手で持てるコップから大きな柄があって片手で持てるコップに変えていくと良いでしょう。どうしても中身をこぼしてしまう赤ちゃんには、蓋つきのコップを使用して練習をスタートさせると手間が省けます。

この時期、ミルク以外で赤ちゃんに与える飲み物としては、水・果物や野菜のジュース(手作りが良い)がおすすめです。気をつけたいのは市販のジュース。ジュースは幼い赤ちゃんに対し様々な悪影響を起こしかねません。

【ジュースを与えると赤ちゃんにはどんな影響が出る?】
ジュースを飲んで下痢★多くの赤ちゃんはジュースで下痢になる!
ジュースにはソルビトールや果糖といった糖分が大量に含まれており、これが時に下痢を引き起こします。
★虫歯のもととなる可能性が大きい!
歯が生えはじめる頃からジュースを頻繁に飲んでいると、赤ちゃんの歯はいつも糖分に覆われた状態になってしまう恐れがあります。特に昼寝や就寝前にはジュースを与えないほうが良いでしょう。
★ジュースでお腹いっぱいになり食事に対する食欲がなくなる!ジュースの栄養価は大して高くありません。たとえビタミンを補強したジュースであっても、栄養の供給源としては食べ物のほうが断然優れものです。ジュースでお腹がいっぱいだと、大切な食事からの栄養摂取の機会が減ってしまいます。
ソルビトールとは?
  • ブドウ糖の還元によってできる糖アルコールの一種。梨・リンゴ・プラムなどの果糖類に含まれている。砂糖の約60%の甘味度を持ち、口の中で溶ける時に吸熱反応を起こすためさわやかな清涼感があるので食品添加物として多く用いられている。

赤ちゃんを預けた施設の食事をチェック

スタッフさんにこんな質問をしてみよう

最近では1歳未満の赤ちゃんでも預かってくれる施設が多々あります。預け先で食事を用意してもらえる場合、どんな内容の食事が与えられているのかは気になるところです。安心して赤ちゃんを預けるために、まずは施設のスタッフが赤ちゃんの食事に対してどのような姿勢を持っているのか確認してみるとよいでしょう。スタッフさんに質問

「どんな食事とおやつを与えていますか?」
★果物や野菜を定期的に取り入れているのか?
★親の要望を反映させることは可能か?
★ジャンクフードやお菓子がいつでも容易に食べられるようになっていないか?
「おやつは何時ですか?」
★毎日決まった時間に与えられるのか?
★いつでも好きなときに、欲しがったら与えるような状態になっているのか?
「どんな飲み物を与えていますか?」
★子どもが欲しがった時に水やミルクが与えられる体制なのか?
★ジュースを与えているのか?
「安全問題に適切に対処していますか?」
★喉に詰まりやすい食品は避けてくれているのか?
★扱っている食材の安全性に配慮しているのか?


本日のおさらい

  • その1:避けたほうが良い食品に気をつけて赤ちゃんの食事を作ろう!
  • その2:清涼飲料水は避け、水、ミルク、野菜や果物ジュースをコップで与えよう!
  • その3:保育施設を利用する場合、施設の食事内容が安心できるか確認しておこう!

コンテンツ一覧

子ども「食育」健康情報