HOME » 知りたい!あの人の健康法 » アーユルヴェーディックセラピープラヴァーの店長 神代まど香さんの健康法


アーユルヴェーディックセラピープラヴァーの店長 神代まど香さんの健康法

第18回ゲスト アーユルヴェーダセラピストの神代まど香さん

アーユルヴェーディックセラピー プラヴァーの店長でアーユルヴェーダセラピストの神代まど香さんに健康法を伺いました。

神代 まど香さん

小泉:現在のお仕事をすることになった経緯を教えて下さい。

神代まど香さん(以下、神代さん):ホテルに勤務していた頃、ある方の紹介で現在の会社の社長である石井 泉さんにお会いする機会がありました。様々経験をされていて、とても魅力を感じ、この人の傍で仕事をしてみたいと思いました。このような出会いから、英国アーユルヴェーダ・カレッジ(日本付属校)の事務局に就職し、働きながらアーユルヴェーダ プロ養成コースに通いました。就職した頃は、アーユルヴェーダについての知識はまったくなかったんですよ(笑)

小泉:実際に勉強をされてみて、いかがでしたか??

神代さん:難しいものかな…と思って入っていたのですが、学んでみて驚いたのが新しいことは特別なくて、既に知っていることだったんです。というのは、今まで見聞きしてきたこと、行ってきたことがアーユルヴェーダに繋がっていたからです。アーユルヴェーダが、人が健康で美しく幸せに生きていくための知恵の宝庫と言われている所以が納得できました。

神代 まど香さん

小泉:お忙しい毎日をお過ごしかと思いますが、健康管理について教えて下さい。運動はしていますか?

神代さん:ストイックにアーユルヴェーダの生活をしていた時期があるのですが、それ以来、特別にスポーツをしなくても体調管理が出来るようになったので、一般的な運動というものはしていません。

小泉:食事面はいかがですか?

神代さん:体調と時間帯に合わせた食事法をしていて、週に1回「プチ断食」をするようにしています。

小泉:「プチ断食」はどのようにするのですか?

神代さん:断食する前夜20時台に野菜スープ(大豆類、根菜類などが入ったもの)を摂ります。翌日はゆったりと過ごしながら水分(水もしくは緑茶)をしっかり摂ります。夜18~19時頃に野菜スープとお粥など胃に負担のないものを摂ります。これを行うことで、体がリセットされ、体の隅々まで意識がいきわたります。味覚も変わるし、消化も変わってきますよ。

小泉:一晩だったら出来そうですね。やってみようかな。サプリメントは摂っていますか?

神代さん:肝臓、腎臓が弱いのでアーユルヴェーダの観点からウコンは摂っています。

小泉:今後の目標などを教えて下さい。

神代さん:仕事としては、アーユルヴェーダをもっと広めて行きたいですね。新しいサロンも企画しています。個人的にはアーユルヴェーダのエキスパートになって、社会が変わっても自分や自分の大切な人の健康を守れるようになりたいと思っています。

神代 まど香さん

 

対談を終えて

アーユルヴェーディックセラピー プラヴァーに施術に行ったことから、アーユルヴェーダに興味を持ち、今回のインタビューとなりました。アーユルヴェーダとの出会いは必然だったと語る、神代さん。お話しを聞き、病気の予防や各個々の人に応じた健康増進法に繋がり、「生き方の知恵」も詰まっているアーユルヴェーダの魅力にハマってしまいました。自分の生活に少しずつアーユルヴェーダを取り入れていこうと思います。



 

プロフィール

神代 まど香(かみしろ まどか)

神代 まど香さん

アーユルヴェーディックセラピー プラヴァー

横浜生まれ。
慶應義塾大学文学部卒業パークハイアット東京に就職株式会社アクシアバイオサイエンスに転職し、 学校事務局で仕事をしながら英国アーユルヴェーダカレッジ日本附属校に通う。
卒業後、アーユルヴェーディックセラピープラヴァーで店長として勤務する。



 

コンテンツ一覧

子ども「食育」健康情報