HOME » 知りたい!あの人の健康法 » ヴァイオリニスト松井 利世子さんの健康法


ヴァイオリニスト松井 利世子さんの健康法

第1回ゲスト ヴァイオリニスト松井 利世子さん

松井 利世子さん

小泉:バイオリンに興味をもったきっかけを教えて下さい。

松井さん:3歳からピアノをやっていて、ピアノが大好きだったんですよ。
兄と一緒にやっていたんですが、ある日先生が「お兄さんの方がうまいわね」って・・・。
ショックでしたね。

その時に母の友人から小さい楽器があるよとバイオリンを薦められたのが、バイオリンとの出会いです。 バイオリンは自分で音を作ることが出来るんです。叩けば出るではなくて、音程を作ったり、音色を作ったりすることが出来るのでハマりました。

小泉:来月から海外遠征に行かれるとうかがったのですが、遠征は多いのですか?

松井さん:外国は年に何回か行っています。コンクールを受けにいったり、自分のスキルアップのためや音楽祭を見に行ったりします。国内でも同様のことがあります。

小泉:遠征などが多いと疲れませんか?

松井さん:移動が疲れます。楽器を常に肌身離さず持っていなくてはいけないんです。安いものではないので。お手洗いにまで持っていくんですよ。

小泉:それは大変ですね。バイオリンて重いと聞いたことがあるんですけど?どれくらいの重さなんですか?

松井さん:そうなんです、重いんですよ。ケースだけで2kgあります。それをずっと肩にかけています。中も合わせると約3kgかな。

小泉:じゃ、常に3kgを持って歩いているんですね。肩が凝ったり、腕が筋肉痛になったりしますよね。筋肉もついちゃう?

松井さん:します、します。弾いてるときも決まってる姿勢なんで・・・

松井 利世子さん

小泉:遠征も多く体調管理は大事だと思いますが、健康法などがあったら教えて下さい?

松井さん:絶対に気をつけていることは、ちゃんと食べること、寝ること。

小泉:私もそうです。

松井さん:それが一番ですよね(笑)

小泉:しっかり食べて、しっかり寝て+α何かありますか?

松井さん:サプリメント摂ってます。運動はする時間がないのでしてません。

小泉:サプリメントに関する情報はどういった形で得てるんですか?

松井さん:母が詳しいんですよ。バイオリンの仲間のお母さん同士で情報収集しているみたいです。

小泉:お母さんが情報収集してアドバイスしてくれると安心ですね。

小泉:どんな成分を飲んでますか?

松井さん:CoQ10、ウコン、スクワラン、ヒアルロン酸。ヒアルロン酸は実感できてます。

小泉:結構飲んでるんですね。ベースとなるビタミンやミネラルを加えるとよりいいと思いますよ。

松井さん:そうなんですね。

松井 利世子さん

小泉:6月に湯河原で行われる「湯河原ロハスフェア2006 夏季」にてライブを行うそうですが、LOHASって知ってましたか?

松井さん:知ってました。小さい頃から「ナチュラル&シンプル」ってことが好きだったので今回の企画にはとても共感しています。
父の実家が湯河原だったこともあって、とても縁を感じています。

小泉:ライブを聴きに来て下さる方に一言お願いします。

松井さん:私の演奏のスタイルが「ナチュラル&シンプル」なので、聴いてくださる皆さんの心に伝わりやすいと思います。大きな感動ではなく、心のどこかに届くような演奏をしたいと思いますので、是非、聞きに来て下さい。

対談を終えて

演奏スタイルが「ナチュラル&シンプル」とおっしゃるだけあって、松井さん本人もとっても「ナチュラル&シンプル」な方でした。バイオリンのお話をしていると目がキラキラ輝いてきて、バイオリンが本当に好きなんだな~と感じましたね。
アルバム「FANTASIA」を聞かせていただきましたが、心のどこかにふんわりと届くような曲の数々に癒されました。
そんな松井さんの演奏は6月9日(金),10日(土)に「湯河原ロハスフェア2006 夏季」で行われるライブや7月9日(日)に「アーリーサマーロマンティックコンサート」(高輪区民センター)で聴くことが出来ます。お時間のある方は是非足をお運び下さい。


 

プロフィール

松井 利世子さん (ヴァイオリニスト)

公式サイト http://columbia.jp/~riyoko/index.html



東京に生まれる。

桐朋学園女子校等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業。同大学研究科修了。

これまでに滝沢達也、江藤俊哉、アンジェラ、辰巳明子の各氏に師事。
室内楽を岩崎淑、藤井一興の各氏に師事。
イフラー・ニーマン、ジェラール・プーレ、フェリックス・アンドリエフスキー、レジス・パスキエ、モーリス・ハッソン各氏のマスタークラスを受講。

<主な受賞歴>

ジュニアコンクール最優秀賞。
日本クラシックコンクール奨励賞。
全日本学生音楽コンクール高校生の部入選。
江藤俊哉ヴァイオリンコンクール第一位受賞し、東京都交響楽団と共演。
国際音楽コンクール”2004 IBLA Grand Prize”(イタリア)にて最高位受賞。
ミケランジェロ・アバド 国際ヴァイオリンコンクール第二位受賞(イタリア)。


コンテンツ一覧

子ども「食育」健康情報